国際ロータリー第2770地区ローターアクト

埼玉南東部を拠点とする国際的奉仕団体

20170423 第1回ローターアクト×インターアクト合同奉仕事業

地区広報の向井です。

2016〜2017年度地区広報。
週6で夜、専門学校に通学中の引退間近の三十路アクター。(執筆時点)

今回は、この長い青少年奉仕部門(新世代部門)の歴史の中で、近くて遠かった2つの部門が合同で奉仕事業を行うという、
当地区にとっては歴史的な、これから先の年度にとってのマイルストーンになるような行事の模様をお伝え致します。

ローターアクト×インターアクト合同奉仕事業

  • 日時:2017年4月23日(日)
  • 会場:介護施設 キャンベルホーム/認定こども園 こどものもり
  • 概要:介護施設への訪問(パフォーマンス披露)→青少年部門交流親睦BBQ
今回この記事は写真が多めで、データ量が多いですのでご注意ください。

当地区インターアクトとローターアクト

世代は連続しているはずなのに…

今回は、2016-2017年度地区青少年奉仕部門委員長である加藤様の肝いりの企画として、ついに実現されました。

高校生対象であるインターアクトと、そのちょうど上の世代であるローターアクトは、世代的には連続しているのにも関わらず、今までほぼ接点がありませんでした。
つまり、インターアクト経験者がローターアクトを知り、ローターアクトに入り、そのまま奉仕活動を継続するというルートが確立されていないのが現状でした。

ちなみに少し余談ですが、そのような状況でインターアクト出身である私向井が、なぜローターアクトに入会しようと思ったかというと、インターアクト所属当時に、「ライラ研修」(先日大宮ローターアクトクラブの鈴木くんがこのブログで紹介してくれていました)に参加した際、偶然にもローターアクトの方々と接点を持つことができて、気づいたら入会して早十数年…(・∀・)

でも、そういうインターアクト以外のプログラムに参加したことのないインターアクトメンバーは、ローターアクトと知り合うきっかけもないので、知らないまま卒業していってしまうのが通常のパターンとなってしまっています。
それは自分の立場から見ても、とてももったいないことだと思っていました。
そのような状況の中で、今回は画期的な青少年奉仕部門のインターアクト・ローターアクトと合同でひとつの事業が開催されたということになります。

今回の事業に向けて、ロータリアンの方や我らが椎名代表等を中心として、半年前から準備を重ねてきました。
いろいろな準備の様子は後ほどご紹介することにして、この後はまず当日の様子を追ってみたいと思います。

今回の行事は“世代”を超えて、2部構成

奉仕×親睦をセットで

そんな歴史的な事業の第1回は、ローターアクトの理念「奉仕を通じての親睦(Fellowship Through Service)」にふさわしい企画となりました。

まず、午前中は奉仕事業として、老人介護施設キャンベルホーム様へ訪問し、インターアクトからは歌やダンス、ローターアクトからはお部屋に飾っていただきたい桜の壁飾りというそれぞれのプレゼントをさせていただき、その後会場を移してインターアクト、ローターアクトにさらに青少年交換学生の方も参加した賑やかなで和やかな親睦バーベキューを行いました。

下は10代の高校生、大学生、そして社会人。そしてロータリアン(経営者)、顧問教師会、施設の職員の方々、さらに人生の先輩にあたる福祉施設の利用者の方々…本当にたくさんの世代を超えた今回の事業と相成りました。

それでは、それぞれの事業の様子をもう少し詳しくご紹介していきます。

第1部:老人福祉施設「キャンベルホーム」訪問

利用者様のお顔がはっきりと分かる写真は、掲載しておりません。
本当はそちらのお顔こそ見ていただきたいくらい、とてもいい表情をされていました。
満を持して登場のアクトベスト!

朝、会場であるキャンベルホームにロータリアン、インターアクト、インターアクト顧問教師、ローターアクトが一堂に会しました。
その時点で個人的には、すごいことが実現したような気分になりました。

ここからは、インターアクトとローターアクト混合チームを3つに分けて、キャンベルホーム様の利用者様が待つ3つのフロアを順番に回っていきます。
もちろん、インターアクトとローターアクトはこの時初めて一緒になるわけですが、インターアクトの皆さんも、その場での対応力が高く立派だと思いました(笑)

インターアクトの皆さんからは、インターアクト毎年恒例である韓国研修の際にも披露したという「ふるさと」や「ハナミズキ」などの歌、そしてダンスのパフォーマンスを、ご利用者様の前で披露!

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

高校生のみなさんは本当にしっかりしていました。
堂々と歌い上げている様子は、本当に頼もしい限りでしたし、先輩風を吹かせるならば「自慢の後輩」という気分にもなります(笑)
そうはいってもインターアクト在籍は十年以上前の話で、嗚呼、諸行無常…。

パフォーマンスを終えて次のフロアへ。インターアクトのみなさん大人気!

そして、その素晴らしいパフォーマンスを継いでローターアクトからは、施設の殺風景になりがちなお部屋に少しでもアクセントを…という想いで作り上げた、手作りの壁飾りをプレゼントしました。
自分自身は直接携われていませんが…その制作の様子は、以前の会長幹事会の記事でもお伝えしていました。
それがついに完成し、陽の目を見ることとなったのです。

ローターアクトからのプレゼント、これが完成品!

インターアクトのみなさんに手伝っていただき、プレゼント贈呈タイム!

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

さらに忘れてはいけないのが、私たちのグループのパフォーマンスのMCを務めてくれた浦和ローターアクトクラブの前井さん。
同じような福祉施設でお仕事をされている前井さんは、その経験を遺憾なく発揮してくれました。明るく、楽しい雰囲気を作りだしてくれたのが、利用者様や発表者にも伝わったようで、非常にいい雰囲気を作ってくれました。
泊まり勤務などもあって忙しい中で、シフトの都合をつけて参加してくれました。さすがのプロの活躍でした。

プロ!福祉施設勤務、前井さんのMC

さて、肝心の利用者様の反応なのですが、パフォーマンスの最中にはずっと笑顔で、拍手、手拍子などもしていただき、本当に楽しそうにしてくださっていたのが印象的でした。
なかには、涙を流す方までいらっしゃり、本当にここに来られてよかったと思いました。

実は個人的には、実際喜んで下さるのか、リアクションもいただけるのか少し不安に思うところもあったのですが、杞憂でした。
実際のところ、要介護度が高い方や認知症をお持ちの方、なかにはあまりこういうイベントごとを好まない方もいるかもしれませんが、きっとそういう方も含めて、皆様楽しんでいただけたようでした。
「楽しかったですか?」という問いかけにも「はーい!」なんて答えていただけたり、気持ちがつながるというのを実感できたのはとても大きいことでした。

そして、逆に利用者の方からプレゼントもいただいてしまいました。本当にありがとうございました。

今回ご協力いただきましたキャンベルホームの皆様、ありがとうございました。

第2部:親睦バーベキュー

今回も晴天に恵まれました!!

思えば椎名代表が自画自賛していた昨年8月のBBQでの晴れ女っぷりから始まり、清掃活動や植樹活動、今まで全部お天気が味方してくれています。
やはり今回も、椎名代表の晴れ女の神通力が届いたのでしょうか!?

Screenshot【地区】20160821 地区親睦BBQ

この時すでに始まっている晴れ女伝説

世代だけではなく、国籍も超えて

このブロックからは、青少年奉仕部門の仲間である青少年交換学生の方々にも加わっていただき、国際交流の要素も加わりました。

BBQ準備の間は講演会

ローターアクトを中心に、なすの切り方について議論したりしながらバーベキュー準備を行っている間…

インターアクトのみなさんは、「なのはなの里」大塚節子施設長による認知症についての講演に参加していました。
その途中、手話歌をみんなで体験するくだりがあり…

それをBBQ準備中の園庭からのぞき見ながら、手話歌のマネしてみるアクターたちもいたりして…

そんな中同時進行で、こちらのグリルチームは大量のチキンを焼き上げたり、焼きそばを山盛り作ったりして、インターアクトのみなさんを待ち構えるべく活動していました。こんなにあった焼きそばもすぐなくなってしまいましたよ!

沢山の方のご協力のもと、和やかに楽しく

とにかくお腹が空いている若者向けに、通常は〆に持ってくることの多い焼きそばを事前に仕込んでいただいて、まずをそれを食べるという作戦が成功していました。考えた方、天才ですね!(笑)

長時間じっくり、「遠火の直火」で焼いたかたまりのお肉や、丸ごと焼いた空豆やなす、じゃがいもといったお野菜、そしてお肉にソーセージ。
私はありつけなかったですが、留学生の方が手作りオードブルを持ってきていたりしたようで、最初から盛り上がりがとにかくすごかったです。
女子高生たちの食欲もとどまるところを知らず、これが本物の若い人の胃袋なんだなと思いました(笑)

ローターアクトからは、BBQ番長のりのちゃん、そして新たに誕生したBBQueenのシャキャさん、そして井上くんや渡邉くんといった若手が率先して焼き役を務めてくれました。
そして、ロータリーからもBBQ助っ人として事前準備から片付けまでご尽力いただきましてありがとうございました。

食事が一段落したら…

今度は、事前に仕込んでいただいていた宝探しゲームに移行!

今回の会場、インターアクト委員長若盛様の認定こども園「こどものもり」園庭の各所に、紙を隠してあり、
それをインターアクト、ローターアクト、青少年交換学生のみなさん混合のグループで協力して探し出して、
司会のもとに持ってきてクイズに答えます。
優勝チームにスターバックスカードを進呈!!
ということで、俄然盛り上がる女子高生のみなさんでございました。

クイズ出題していたときの、大宮RACの鈴木くんのうれしそうなこと!(笑)
その表情を見て昔、ロータリー地区大会の新世代部門の会場で、ローターアクト仕切りの交流企画をやっていたときのことを思い出してしまいました。
いやぁ、歴史は繰り返すのですねぇ…!

そして、優勝チームはこちらの方々です。
ダイエット中の方もいるようですが、ぜひ高カロリーなフラペチーノを楽しんで下さい!(負け惜しみ!?)

食欲もお話も尽きないところではありますが、ここで各クラブの紹介やロータリアンのみなさまからのお言葉をいただき、大盛況のうちに終了した今回の第1回合同奉仕事業なのでした。

もちろん片付けも…最後までありがとうございます。
終了後、片付けから参加してくれた高子さん(なぜかB612の写真)

今回の事業を終えて

ロータリアンの方々

加藤
部門委員長

この度は初めての試みとして合同奉仕事業を行いました。
午前の介護施設での奉仕事業はインターアクターを中心にローターアクターが司会進行などリードして施設の利用者の方達に楽しんで頂けてアクター達も感動をもらいました。
昼には松伏RCの大塚節子様に講演して頂きも認知症について学び、午後からはローターアクターが中心として青少年留学生も含め素晴らしい交流が出来ました、まさに奉仕と親睦でした。これからもロータリーは多くの若い人達に活躍の場をつくり一緒に奉仕と親睦が図れることに期待しております。
インターアクト
若盛委員長

初めてのローターアクト.インターアクトの合同奉仕活動、始まるまでは正直、不安ばかりでした。
しかも、懇親バーベキューで私の園の庭を使うとのことで、準備に体が2つ欲しいと感じたことはこの日ほどありませんでした。

しかし、実際始まってみると、ローターアクターのリードにより、インターアクター達は、施設の利用者さんの前に立つと、ダンスや歌のパフォーマンスを堂々としてくれました。利用者のおじいさんおばあさん達が、感動して涙を流していたのが印象的です。
インターアクター達にとっても、自分達が人を感動させられる力があると、反対に自信をもらった所もあると思います。最後のおじいさんおばあさん達との握手も、本当に涙なしでは見れませんでした。

その後の「なのはなの里」大塚節子施設長による講演も、認知症について楽しく知ることができて、大きな学びとなりました。

そして、懇親バーベキュー。浦和北RCの方が本格的なバーベキューを用意して下さり、また、ローターアクトの方のリーダーシップにより、楽しく盛り上がりました。インターアクターにとっては奉仕活動をして、学んで、美味しく楽しんで、そして何よりもローターアクターの方と出会いでリーダーシップさを学び、青少年交換の子達と出会いでロータリーの様々な活動を理解した、とても充実した1日になったと思います。

今回の、合同奉仕の大成功は、ローターアクトのみなさんの一人一人の力、そしてインターアクターの力、そして、携わったロータリアンの力が合わさった成果だと思います。
何かをやり遂げる充実感は、いいですね。みなさま、ご協力ありがとうございました!

ローターアクト
井川委員長

青少年部門の横のつながりが大事であり、今回の合同奉仕事業では、奉仕を通じて親睦も深める事が出来ました。
アクターの皆様も時間の無い中、それぞれのセクションで小まめな企画運営が行われ、素晴らしい行事となりました。また、ご参加頂いたロータリアンの皆様の友情に感謝です。

ローターアクターの面々

浦和RAC
前井会長
レアキャラクターの浦和RACの前井です…(笑)

準備も協力できず、当日のみの活動になりました。
介護施設でのボランティア活動に関しては、自分の仕事を活かし行動をしようと思ったのですが、利用者様と触れ合うのが楽しくて楽しくて…結局自分が楽しんでいました!利用者様へのボランティアは利用者様にも私達職員からも有難いもので、改めてボランティアへの重要性を活動する方の視点からも、職員への視点からも実感でき、いい機会でした!

BBQは…高校生が元気。若い。生足私には出せない…。めっちゃ食べる…。という印象でした。それだけじゃないですね。(笑)

久しぶりに参加させていただいた活動で、準備してくださった皆様には頭が上がりません…改めてありがとうございます。
このような合同奉仕活動は、滅多に活動に参加できない私からすると、色々な方と顔を合わせるいい機会で、かつ楽しくて…(笑)
もっともっとRACが好きになりました◎

河本 翠
初めての合同奉仕事業、まずは晴れてよかったー!
初期の打ち合わせからプレゼント作り、BBQの前準備、最終打ち合わせまで携わらせてもらいました。大変だった分、利用者の方々がIACのパフォーマンスに手を叩いて喜んだり、私たちRACからのプレゼントを笑顔で受け取ってくれる姿を見たら、こちらもとても嬉しくなりました。やってきたことに意味があったと実感しました。
BBQでのIAC+RAC+青少年交換混合チームによるゲームは楽しんでもらえて何よりでした!改めてBチームおめでとう!チェリーパイフラペチーノ堪能してね!(わたしも飲みたい)
お越しいただいたロータリアンの皆さま、そして青少年奉仕部門の皆さま、本当にありがとうございました。
IACの皆が今回の奉仕事業を通してRACの活動に興味もってもらえたら何よりです!(興味ある人連絡待ってます✨)
椎名菜穂
昨年10月に発足したこの「IA・RA合同奉仕事業」準備委員会。改めて振り返ると半年も前でした。
姉妹のような関係を持つインターアクトとローターアクトですが、2770地区では私たちが交流を持つことはほとんどありませんでした。そこで今年度青少年部門委員長の加藤さん主導のもと今回の企画を進めてきました。

奉仕活動を通してインターと一緒に高齢者とふれあい、喜んでもらえたという嬉しさを共有し、懇親会のBBQでは進路のことを話したり、ゲームに一生懸命になったりと、充実した1日となりました。今回を機に、第2回、3回と2770地区のインター・ローターアクトがさらに交流を深め、良い関係性を構築し、奉仕活動に繋がればと思います。

そして最後に

この大成功のために…

このプロジェクトの会議は半年前から発足、事業内容や進行、役割分担など打ち合わせを重ねてきました。
実は、その準備にはほとんど私は関われなかったのですが、本当に関係各位ありがとうございました。
準備の様子を少しご覧ください。

新潟年大の移動時も…

ロータリーの皆様と…

そして前日も…

ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。
ご参加いただきましたみなさま、お疲れさまでした。また第2回でお会いしましょう!

新入会員大募集!

「ローターアクトに参加してみたい」「さらに詳しく知りたい」「まずは見学を・・・」「近くのクラブの活動予定を知りたい」など、疑問質問もお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちらからお気軽に

この記事を書いた人

大宮東ローターアクトクラブ大宮東RAC OB向井 新之輔
大宮東ローターアクトクラブ所属。
高校時代にローターアクトと出会い、かれこれ十数年。
最後の年なのに地区広報として新しい試みに手を出すアラサーの専門学生。

Comment On Facebook