国際ロータリー第2770地区ローターアクト

埼玉南東部を拠点とする国際的奉仕団体

20200926 文教大学ローターアクトクラブ訪問

9月26日(土)11:00 文教大学ローターアクトクラブ 
訪問訪問者:直前代表 龍門、地区幹事 楢原、年次大会実行委員長 鵜沼 

文教大学ローターアクトクラブ創立10周年ということで、
前年度から卓話の依頼をいただいておりましたが、
この新型コロナの影響によりなかなか例会開催ができずにおりました。
しかし、9月に無事に、今年度初の例会を行うことができ、ご招待いただきました。

改めて、10周年おめでとうございます!
自身だけだと数年しか入れない団体ですが、
このように続いてきたのは先輩たちが大事に紡いできてくれた軌跡です。
是非かみしめてほしいです。

大学は特にオンライン授業が進んでいて、
アクトのような活動自体なかなか集まることが難しかったと思いますが、
それでもこのように開催ができ何よりでございました。

出席しますと、顔なじみのアクター、そして提唱ロータリーの皆さんが温かく迎えてくれました!

感じたことは、ロータリアンさんが全面的に協力しているということ!
どういう活動をしていいかわからないアクターが多いと思いますが、
なによりまずの相談者はロータリアンさんだと思います。
このように厚い協力をいただけているのは、なによりの活動の源になるはずです 。

大学基盤だと4-6年で卒業してしまうので、なかなか活動が定着せず大変なことも多いのですが、
現会長幹事をはじめ、役職経験者も協力して運営しているようでした。
会員同士も仲がよさそうで楽しそうでした。今後の活動に期待いたします!

◆直前代表:30分卓話◆

1.近況報告、個人的ニュース
2.ローターアクトクラブとは
3.なぜ奉仕活動をしたくローターアクトクラブへ来たのか。

最初の近況報告で、会員みんなの最近の様子が聞け、私もほっとしました。
オンラインではなかなかコミュニケーションが一歩通行になりますが、
このように相互の話を聞けることで、やはり安心します。
びっくりする報告もありました!

私からの今後のアドバイスとしてみなさんへお伝えしたことは、以下のことです。
◇知見を深めること。
◇自分の専門知識を磨くこと。
◇いざとなったときに一緒にうごいてくれる仲間も作ること。
◇まわりを動かせる人間になること。

クラブ活動を続けることは大変ですし、悩むことも多いと思います。
ただ、その中にも貴重な経験を通じて得られることも多くあり、
私も5年のアクト生活を通して実感しております!

引き続き一緒に頑張りましょう!(//∇//)

直前代表 龍門理恵

新入会員大募集!

「ローターアクトに参加してみたい」「さらに詳しく知りたい」「まずは見学を・・・」「近くのクラブの活動予定を知りたい」など、疑問質問もお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちらからお気軽に

この記事を書いた人

浦和北ローターアクトクラブ2018-2019年度 地区幹事龍門 理恵
浦和北ローターアクトクラブ所属。
食べることが好き。出かけることも好き。
アクトでたくさんの繋がりを作っていきたいです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook