国際ロータリー第2770地区ローターアクト

埼玉南東部を拠点とする国際的奉仕団体

【地区】20161203 ロータリーの森植樹活動〜本番編〜

December 17, 2016
2016〜2017年度地区ローターアクト代表。
大学生にして2年連続地区代表の偉業を成し遂げようとしている、天然女子。

ロータリーの森植樹活動

  • 日時:2016年12月3日(土)
  • コース:さいたま新都心〜長瀞・宝登山〜さいたま新都心
  • 概要:植樹活動

ついに植樹活動本番!

たくさんの仲間たちともに

12月3日(土)に行われました、国際ロータリー第2770地区ローターアクト植樹活動。
登録総数43名と、私の予想と期待が的中して、たくさんの参加をいただきました。

朝から一日中ローターアクトの活動にお付き合いくださったロータリアンの皆様、
はるばる埼玉まで駆けつけていただいた友好地区のアクター、そしていつまでも見守ってくれるOBや、
意を決して参加してくれた交換留学生、本当にありがとうございました。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

朝は寒かったですが、雲一つない晴天。
やっぱり私が代表でよかった。誰も気づかないけれど、屋外活動の時はいつも晴れ。

広報の向井さんが、写真やビデオを撮ってくれるなか出発。


出発前インタビュー動画

(クリックして再生)


当日Facebookページで中継した出発の様子


バス内では体力温存!?

バス内では体力温存!?

渋滞もなし、バス酔いする人も出ず、無事に埼玉県秩父郡長瀞町に到着。

ついに宝登山

宝登山麓駅でロープウェイを待つ間に一枚の集合写真。

宝登山のふもとに集合!

宝登山のふもとに集合!

みんないい笑顔。

ロープウェイが駅から離れていくと、駅庁舎の奥にみえる長瀞町。
頂上に着くころには、町を一望できるほどの高さに。

さらに頂上へ

副代表 吏乃ちゃんが頼んでくれたお弁当は量もおいしさもバッチリ。
みんな残さずたいらげました。(今日は環境保護活動、きちんと残さず食べることも地球にやさしい。)

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

お昼が終わってレストハウスを出発。最初の300メートルほどが急な道です。
一週間前に吏乃ちゃんと一緒に下草刈りに来たときはまだ雪が残っていて、登山道はとってもぬかるんでいました。
さくさく歩いて、ふと振り返るとOBの大塚パスト代表と、青少年奉仕部門のロータリアンがずらーり。

ロータリーの森に到着

さて、植樹場所について、岩渕パストガバナーと苗木をもってきてくださった浦和東ロータリークラブの岡村藤美さんからご挨拶いただき、職人の原田さんから植樹の説明を受けます。そして植樹スタート!

まずは、苗木を濡らして、、

穴を掘って、

苗木を入れたら根っこが半分埋まるくらいの土を入れて足で踏み固める。

そしたらもう一度土をかぶせて。

最後に支柱の竹に苗木をくくりつけて・・・

参加者の男性陣がシャベルを持ち、女性が苗木を植える。
男性1人に女性2人というグループが自然にできたと思います。

楽しそうな会話もちらほら。

シャベル陣、、やっぱり、気にしてるのは次の日の「筋肉痛」。
筋肉痛も気にならないくらい、素敵な思い出になったらと思います。

岡村さん、原田さん、岩渕パスト、佐藤さんが準備してくださったので、植樹はとってもスムーズに終了。

森でも一枚、ぱしゃり。

さあ!これから下山です。
先頭はりのちゃんにお願いして、私は後ろから歩きました。

一週間前の美しい紅葉は、ほとんどが茶色に変わり、葉が落ちていました。
しかし、お話ししながらハイキングするのはとっても楽しいもので、下山もあっという間でした。

ポケモン収集中の加藤部門委員長にお願いして、中締め。そしてバスに乗ります。
さぁて、渋滞前に帰るぞー。

地区広報
向井
この日はユネスコの無形文化遺産にも登録された、秩父夜祭の日でした。
それに来る人の波と、いつもの上り渋滞、どちらも気がかりでしたが…。

おうちに帰るまでが植樹活動

バスの中で、大貫ガバナーエレクト、友好地区から来ていただいた羽生代表(2780)、衛さん(2580)に感想をもらいました。
皆さんにとっても貴重な体験になったということで、私たち主催側としましても、本当に心温まる言葉でした。

大貫ガバナー
エレクト
今まで山に来て木を植えるという経験をしたことがなかったので、非常に来て良かったなと。貴重な経験をさせていただきました。
木を植えた後は、植えっぱなしではないんですね。見守っていく作業が続きますので、またローターアクトの行事の中で、継続的に出来たらいいのかなと思います。
下見の時には雪が残っていて、寒くて寒くて、当日の天気が心配だったということなんですけども、今日はみなさんのおかげでこんなにもいい条件だったということで大変喜んでおります。
ローターアクトのみなさんにおいては、お弁当やバスの手配などお世話になりました。ありがとうございました。
本当に楽しい時間でした。またやっていただければまた参加したいと思います。
羽生代表
本日は家族で参加させていただいて、みなさんよくしていただいてありがとうございます。
ローターアクト、ロータリーの行事のよいところは“家族で参加出来る”というところで、家族だけで行くよりも、みなさんとふれあいながら、とても楽しめました。
自分の地区でも、このような環境保全的な活動をもう少しやっていきたいなと思いました。ありがとうございました。
衛さん
実際に植樹を初めてさせていただんですけど、思ったより重労働で(笑)
小さいスコップで土を掘るというところでかなり苦労したんですけど、でも貴重な経験をさせていただきました。
100年かけて生長するというサクラを植えたので、100年後は僕も生きてないんですけども、しばらく経ってまた木々の生長を見に来られたらなと思っています。
本当にありがとうございました。

予定より1時間早く新都心に到着。
早く着いたので、みなさん埼玉でくつろいでから帰ってくれると、、、いいなあなんて思いました。

ご参加いただいた皆様、また植樹費用への募金にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


今回の活動を通して、参加者のみなさんに植樹という機会をご提供できただけでなく、地区を超えた交流やロータリアンとアクターの交流、そして地区役員の成長の場にもなりました。

ここからさらに、2770地区は活躍していきます。
今後ともよろしくお願いします。


地区広報
向井
植樹に参加された皆さま、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
椎名代表の文章中に出てきたように、私自身はお見送りまでの参加(実質参加できてない…)だったので、とても残念ですが、この活動はなんと100年計画のようですので、OBとなってからでもまた見に行ったり、さらに追加で植樹をしたり、出来れば生きてる間に咲いているところをみたいものです。
自分たちが植えることで環境が改善されて、さらにそれを見に行くことを糧に手入れもして、自然を愛でるなんて、風流すぎる…!

人間の都合で途絶えないように、後輩がたみなさまにがんばっていただきたいものです。

新入会員大募集!

「ローターアクトに参加してみたい」「さらに詳しく知りたい」「まずは見学を・・・」「近くのクラブの活動予定を知りたい」など、疑問質問もお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちらからお気軽に

この記事を書いた人

獨協大学ローターアクトクラブ地区代表椎名 菜穂
獨協大学ローターアクトクラブ所属。
最近は健康とお酒が趣味です。
まだまだ学ぶことが多い私ですが、どうぞよろしくお願いします。

Comment On Facebook